ものコト036 工場見学第7弾!

ものコト100工場見学第7弾!11月1日にものコト100工場見学を開催致しました。

今回工場見学を受け入れてくれたのは、本会の会員である、のぼり旗の印刷、オリジナル・コマーシャルフラッグの専門メーカーの有限会社海鴻社様と、自動機や工作機械、試験機等の製造メーカーの有限会社樋口工作所様です。

初めに訪れた海鴻社様ではいわゆる宣伝広告用ののぼり旗の印刷を見学させて頂きました。

海鴻社様は昭和46年創業の老舗メーカーです。創業当初はタンポと呼ばれる転写体製造から始まり、平成15年からはデジタルプリント事業を開始。それが今回見学させて頂いたのぼり旗の印刷事業です。事業を2本の柱に成長させた素晴らしい会社です。

今回学んだ事は布に印刷するにあたり、まずは紙に印刷物を裏表逆の状態で印刷し、その紙を布に転写する方法で印刷が行われていることでした。また海鴻社様は大物(1800mm幅の大きな印刷物)の印刷を得意としており、壁紙のような大きなものも印刷することも多いそうです。

平賀社長様のご好意で我々も製造体験をしてみましょうということで、ハンカチサイズの布にものコト100のロゴと個人名入りの印刷を一人一人体験させて頂きました。会員達もどうすれば綺麗に出来るか試行錯誤しながらワイワイと楽しく体験。印刷したハンカチはプレゼントとして頂きました。平賀社長、ありがとうございました。

続いて2社目は樋口工作所様です。昭和14年から機械一筋で数々の産業機械や試作機を世に送り出してきたメーカーです。設計から製造まで一気通貫で行う事により、お客様のニーズに答えながら、多種多様な要望に即対応出来る体制を整えております。

樋口社長の個人的な趣味で自作している戦艦ヤマト(潜水艦)は圧倒的です。実際に湖などで潜水や自走を目指し、改造を続けているとのことです!

産業機械のOEMやこういう機械があると便利なのだけど、作れますか?と言った話を具現化し続けているのが樋口工作所様です。我々もこんな機械も作れるの?と驚きの連続でした。最後にロボットアームを使ったダーツマシンを披露して頂きました。

こちらのマシン、入力した番号にダーツ版が回転していても見事にダーツを当てることが出来るのです。極め細やかな制御とプログラミングで成功したとのことです。

2社とも素晴らしい技術とアイデアで成長する会社でした。ご興味のある方はこちらまで!

有限会社海鴻社
東京都葛飾区西新小岩5-16-19
TEL:03-5672-1880
代表取締役 平賀 裕一郎
http://www.kaikosha.net/index.htm

有限会社樋口工作所
東京都葛飾区立石2-10-2
TEL: 03-5671-1288
専務取締役 樋口 直紀
http://www.higuchi-k.com/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です